MENU

旅先での食事を工夫

海外旅行の費用を安く抑えつつ、思い出に残るイベントがあれば、同じ街を訪れたとしても、ワンランク上の観光旅行をすることができるはずです。

旅行プラン自体は、格安パックツアーを購入するくらいしかできない人でも、少し工夫すれば、思い出に残るちょっとした冒険ができるのです。

そのひとつとして、チョイ外食をおすすめします。

海外旅行中に添乗員なしでレストランに入るなんて無理と考える人もいるでしょうが、旅行中、特に海外への旅行では、飛行機の機内で出される料理を食べる、あるいは、パック旅行でコースに組み込まれたレストランなどで限られたメニューから食べたい料理を選んで注文することしか、想定していないかもしれません。

しかしそこで発想の転換です。

オプションで朝食抜きのツアーを選びます。

そして、朝食を外食にして、クロワッサンとカフェオーレにするのです。

ホテルの中では、宿泊客用のサービスということで、旅行者用の価格設定になっています。

ところが、ちょっとホテルの外へ出て、年金ぐらし風のお年寄りの方が新聞を読んでいるような街角のカフェでは、ホテルの半額程度の値段で同じ内容の食事をすることができるのです。

というのもヨーロッパの人たちにとって、レストランで食事をするということは特別であり、日頃は近所の行き慣れたカフェのほうが経済的だからです。

しかも美味しいメニューが揃っているはずです。

よく考えてみると日本においてもホテルのカレーライスは街中のカレーショップと比べてみると高い値段で出されています。

パック旅行は、観光も食事もおみやげを探すのも全てセットになっているので安心安全ではありますが、時間とお金をかけて旅に出かけるわけですから、少しは、自分たちのオリジナルの部分があっても良いのではないでしょうか。

1000円以下の予算で、地元の朝食を食べてみれば、よりその土地の人々や文化についての親しみもわくのではありませんか?